消費者金融 atm

 

消費者金融選びの際はatmのことも視野にいれて

消費者金融の利用を検討する際は、金利や審査のハードル&融資までのスピードなどを優先しがちですが、返済時のことも考えたうえで検討する必要があります。指定されている返済期日は自分の都合にあっているか?もしくは返済期日を任意で決めることができるのか?月々の最低返済額は無理のない額であるか?といったこともあらかじめ確認しておく必要があります。

 

それから、提携atmは多いか?土日祝日に関係なく24時間手数料無料で入出金できるatmはあるのか?といったことも確認しておくと良いと思います。消費者金融の利用は一度だけ、すぐに一括返済しその後二度と消費者金融のカードローンは利用しない、という方であれば提携atmのことなど気にすることもないかもしれません。

 

しかし、返済が長期に渡りそう、返済は口座引落しや振込みではなくatmを利用しようと思っている、という方や消費者金融のカードローンを利用し始めたら追加融資を受けることもあるだろうし長いお付き合いになりそう、という方の場合、入出金のたびに手数料が発生するのと無料ですむのとでは、大きな違いです。

 

借入れ&返済の頻度が高い場合、下手すると金利数%の差以上に大きな負担となってくることもあります。消費者金融のカードローン、キャッシングサービス選びの際に、提携atmのことまで気がまわらない、という方も多いともいますが、利用開始に失敗した!と公開することのないように、気になるカードローンを見つけたら、会社近くや自宅近くなど利用しやすいところに提携atmがあるか?提携atmは手数料無料で利用できるのか?を確認することをオススメします。

 

お金を借りる時にはどのようにしますか?親、兄弟、友人、恋人いずれに頼むにしても、一切問題なくできることのほうが少ないと覚悟しておくべきです。お金を借りることはかなりの確率でトラブルの元となってしまいます。誰かに借り入れを頼むことのリスクはそう小さなものではないはずです。
参考:収入証明不要のカードローンなら銀行カードローンがおすすめ

即日ローンを提供する人気の高い消費者金融

SMBCコマーシャルファイナンスのプロミス

三井ファイナンシャルグループ SMBCコマーシャルファイナンスのプロミスは、即日ローンを提供する消費者金融の中でも、スピーディー且つ丁寧な対応で広く知られています。急いでお金を必要とするときは、慌ててしまい冷静な判断力を失ってしまうこともありますが、プロミスには親身になって相談にのってくれ適切なアドバイスをくれるアドバイザーもいるから万が一の時も安心、と利用者からの評判も上々です。

 

自動契約機、三井住友銀行ローン契約機、お客様サービスプラザ(店頭窓口)で申込みを行い、審査に通ればその場でカードを発行してもらうことが出来、すぐに融資を受けることができます。またインターネットから申込みを行った場合も、平日14時までにWEB契約を完了できれば即日振込みしてもらうことが可能です。

 

消費者金融の上限金利といえば法定金利マックスの18.0%で設定しているところが多いですが、プロミスの実質年利は4.5%〜17.8%と上限金利も若干低めの設定になっていますし、最低返済額も少額。さらに、プロミスを初めて利用する方を対象にした「30日間無利息サービス」もあるので利息のシェイプアップも図れますし、翌月からまとまった額の返済は厳しいという方でも無理なく返済することができると思います。

 

ちなみに、「30日間無利息サービス」を利用するためには、条件がありますが、条件といっても、Eメールアドレスを登録することと書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(WEB明細)を確認」を選択するだけですから、登録しないのはもったいないです。プロミスを初めて利用する方は、忘れず登録を行いましょう。

 

アイフル

アイフルのホームページには、年齢・雇用形態・年収・他社借入金額とたった4項目入力するだけで、事前に融資可能かどうか診断できる「1秒診断」があり、即日ローンを提供する消費者金融の中でも最も早く診断結果を受取ることができると大変人気があります。アイフルは、申込みから契約まで全てネットで完結出来ますし、振込融資を希望すれば即日振り込んでもらうこともできるので、急にお金が必要という時に重宝します。

 

アイフルには、限度額10万円の「わんポチっと。」から複数社から借入れを行っている方の1本化に特化した大型ローン「かりかえMAX」「おまとめMAX」まで多種多様なローンがあります。貸付利率は4、5%〜18、0%、融資額も1,000円〜500万円までと幅がありますが、ニーズに合わせて選ぶことができるのはアイフルの魅力のひとつでもあります。

 

返済についても支払い方式を「借入後残高スライド元利定額リボルビング」「元金定率リボルビング」から選べ、支払いサイクルも「35日サイクル制」「約定日制(毎月払い)」のいずれかをユーザーが選べるようになっていますし、ホームページ上に返済シミュレーションツールが用意されているので、いくら借りてどのような方法で返済すれば月々の支払いはいくらになるか?を簡単に確認することもできます。

 

他にもアイフルにはカード受取時間を指定出来るサービスや配達時間えらべーるなど顧客目線のサービスを色々と展開しているので即日融資を実現してくれるカードローンを探している方でもストレスフリーで契約でき、利用開始後も気持ちよく取引を続けることができそうです。